美肌を目指すための正しい化粧水の使い方とは

化粧水はコットンではなく手を使ってつける

エイジングケアに不可欠な化粧水。美肌になるために必要な化粧水は、使い方によって効果が上がります。化粧水もタダではないですし、せっかく使うのであればその効果を最大限引き出すことが大切です。化粧水を使う時のポイントは、コットンではなく手を使ってつけるということ。化粧水は、温かい方が浸透率がアップします。温かい手で顔を包むことでより良く浸透するだけでなく、血行促進効果やリラックス効果、自律神経を整える効果などが期待できるのです。手が冷たい人は、手のひら同士を擦って温めたり、電子レンジで化粧水を10秒ほどチンしてから使うようにすると良いでしょう。手と肌は親和性が高く、優しく化粧水を塗れば肌を傷つけることもないですし、顔の凸凹にピッタリフィットし、届きにくい所もきちんとケアできるようになるはずです。

効果を高めるタイミングとは

化粧水本来の力を最大限まで引き出すためには、つけ方だけでなくつけるタイミングも重要なポイントです。化粧水を使うタイミングで大事なのは、肌を清潔な状態にして使うということです。洗顔やお風呂後など、毛穴の汚れや皮脂を取り除いてから使うようにしましょう。より浸透率を高めるために、洗顔後に毛穴の汚れや古い角質、メイク残りを取り除く「拭き取り化粧水」というものを使うという方法もあります。洗顔後は普段よりも肌が乾燥しやすいので、素早く化粧水を使用するようにしましょう。化粧水の後は、その水分が逃げないように、乳液やクリームでフタをしてあげることが大切です。化粧水で一番大切なのは、「保湿」をすること。乳液などでフタをすることで、保湿力がグーンと高まります。