美肌を目指すための正しい洗顔とは

手順を守り丁寧な洗顔を心がけること

洗顔を行う前に、まず手を洗って清潔にする必要があります。どれだけ念入りに洗顔をしても、手が汚れたままでは意味がありません。手をしっかりと洗ったら、いきなり洗顔料をつけるのではなく、一度ぬるま湯で顔をすすぎます。この時の水温は、冷たすぎても熱すぎてもいけません。冷水だと皮脂汚れを落としきれず、熱湯だと肌にダメージを与えてしまいます。そのため、32度から35度の水温を心がけることが大切です。予洗いが終わったら、洗顔料をしっかりと泡立てて優しく洗っていきます。泡を一気に顔全体に乗せるのではなく、まずは脂の溜まりやすい鼻、額、頬を丁寧に洗いましょう。口や目元はデリケートなため、優しくこする程度に抑えます。最後にぬるま湯で泡を落とし、清潔なタオルで水気を拭き取りましょう。

洗顔を行う時に気を付けたいこと

洗顔料を泡立てずに直接顔に塗ったり泡立て方が足りないと、洗顔料を使っている意味がありません。洗顔料をしっかりと泡立てると、汚れを浮かせることができます。また、泡がクッションとなり指の摩擦を抑えることができるため、肌への負担も軽くなります。洗顔料がなかなか泡立たないからと適量以上に増やしてしまうと、その分洗顔料の成分も増えるため落としきれなくなります。泡立たない時は、洗顔料ではなく水量を増やしましょう。次に気を付けるのは洗顔時間です。ささっと短時間で済ますのは洗顔不足ですが、丁寧になりすぎて2分以上洗ってしまうと洗いすぎになります。一方、すすぎはなるべく長時間行いましょう。泡がなくなっても、洗顔料成分は顔に残っていることが多いのです。